広報メディア学科トップページ > 授業紹介 > 報道・ジャーナリズム

報道・ジャーナリズム

「報道・ジャーナリズム」の
専門知識を身につける
報道・ジャーナリズムに関する基本的なルール、知識、論理的な考え方を学ぶことを通じて、社会の出来事の意味を的確に理解し、正確に伝える能力を養います。
広報メディア基礎演習
歴史的にジャーナリズムの中心的役割を担ってきた新聞について、具体的事例をもとに、そのジャーナリズム機能やそれに関わるさまざまな問題を、自分なりに考察できる能力を身につけます。
   
放送ジャーナリズム論
映像・音声による圧倒的な情報量ゆえに、社会的に大きなインパクトをもつ放送メディア(特にテレビ)について、そのジャーナリズム機能やそれに関わるさまざまな問題を、自分なりに考察できる能力を身につけます。
 
スポーツ・メディア論
スポーツのどのような側面がどんな形でメディア化されてきたかについて学びます。
   
ドキュメンタリー論
ドキュメンタリーについての基本的知識を得ると同時に、見ごたえのあるドキュメンタリー作品を作るための基礎となる構想力を磨きます。
 
国際報道論
報道内容を構造的に理解し、報道の本質的な意図を論理的に説明する能力を磨きます。
   
雑誌メディア論
出版産業の仕組みと出版がこれまで果たしてきた役割についての知識を身につけると同時に、マルチメディア時代における雑誌メディアのあり方を考察します。
 
女性とメディア
マス・メディアが女性をどのように捉えているかについての知識を身につけ、自立的な個としての生き方を自ら修得します。
   
メディア・コミュニケーション論
出版・放送・インターネットなど、さまざまなメディアの形式が、人々が物事を認識したり、自分の考えを他の人へ伝えたりする際の方法にどのような影響を与えているのかを理論的に学びます。
トップページへ
トップページへ