広報メディア学科トップページ > 授業紹介 > 生活情報・エンタテイメント

生活情報・エンタテイメント

「生活情報・エンタテイメント」の
専門知識を身につける
さまざまなメディアが提供する情報と人々の日常生活や文化との関係、読者・視聴者のメディア接触状況や意識を把握する方法について学びます。
エンタテイメントメディア論
笑いや楽しみや娯楽を提供するさまざまなメディアについての基本的知識を得るとともに、「エンタテイメント」とは何かを捉える能力を身につけます。
   
映像表現論
映画、テレビ番組、アニメなど、映像を使ってメッセージを伝えるために必要とされる基本的な知識を学びます。
 
地域メディア論
地域メディアが地域の中でどのような社会的役割を果たしているのかについての知識を身につけ、これからの地域メディアのあるべき姿を構想できる能力を養います。
   
Webメディア論
近年、メディアとして大きな影響力を持つようになったWebが構築する世界を俯瞰し、デジタルメディア社会と情報産業に関する知識と考え方を身につけます。
 
視聴者行動論
テレビやラジオが、これまでどのように視聴されてきたのか、事例を見ながら、受け手にとって価値のあるメッセージとは何かを自分で判断できる能力を磨きます。
   
コミュニケーション調査法
コミュニケーション調査の実習を通じて、調査能力と調査技術の向上及びコンピュータ・リテラシーの修得を目指します。
トップページへ
トップページへ