広報メディア学科トップページ > カリキュラム紹介

4年間の流れ



メディアの基礎を
学ぶ
メディアに関する基礎を固める時期。「広報メディア基礎演習」「新聞・出版論」「放送論」「広報・広告論」「マス・コミュニケーション史」などを学びます。


基礎から応用まで
広く学ぶ
専門性を高めていく時期。〈メディアと社会〉をテーマとした「メディア文化と歴史」「メディア・コミュニケーション論」「スポーツとメディア」など、自分の興味・関心に合わせて履修していきます。


専門性の高い
テーマを扱う
専門を決めていく時期。〈広報の企画・戦略〉や〈メディアの制作・実践〉などのより実践的な科目を通して、自分の専門を決めていきます。この時期にはゼミナールも始まります。


論文や作品を
完成させる
ゼミに入って卒業論文を作成するなど、卒業制作に取り組みます。履修科目を確認した上で、残りの時間を有意義に使うことが可能です。

授業科目名一覧(2018 年度)

■広報メディア基礎(初級) 単位数 必修・選択
広報メディア基礎演習 2 必修

■広報メディア基礎(中級) 単位数 必修・選択
新聞・出版論 4 選択
放送論 4 選択
広報・広告 4 選択
マス・コミュニケーション 4 選択
メディア社会学 4 選択
メディア産業と倫理 4 選択

■広報メディア基礎(上級) 単位数 必修・選択
コンテンツ分析論 4 選択
プレゼンテーション実践 4 選択
メディア英語演習 4 選択
映像制作 4 選択

■メディアと社会 単位数 必修・選択
新聞報道論 4 選択
メディアと市民 4 選択
メディア・コミュニケーション論 4 選択
女性とメディア 4 選択
メディア文化と歴史 4 選択
出版文化史演習 4 選択
グローバル化とメディ 4 選択
スポーツとメディア 4 選択

■広報の企画・戦略 単位数 必修・選択
PR・広告戦略演習 4 選択
Web メディア論 4 選択
企業広報論 4 選択
地域メディア論 4 選択
行政広報論 4 選択
広告デザイン企画 4 選択

■メディアの制作・実践 単位数 必修・選択
マスコミ文章表現 4 選択
映像表現論論 4 選択
雑誌編集技術 4 選択
マスコミ音声表現 4 選択
ラジオ番組制作 4 選択
プロデューサー実践 4 選択
 
■卒業制作・研究 単位数 必修・選択
ゼミナールA 4 選択
ゼミナールB 4 選択
ゼミナールC 4 選択
ゼミナールD 4 選択
アドバンスゼミナール 4 選択

■学部教養科目 単位数 必修・選択
ことばの世界 2 選択
知のフロンティア 2 選択
基礎情報処理1 2 選択
文章表現法 2 選択
古文基礎 2 選択
アラビア語入門1 2 選択
トルコ語入門1 2 選択
ヒンディー語入門1 2 選択
ペルシア語入門1 2 選択
ギリシア語入門1 1 選択
ギリシア語入門2 1 選択
ラテン語入門1 1 選択
ラテン語入門2 1 選択
東欧諸語 2 選択

■教職科目 単位数 必修・選択
東洋史概説 4 選択
日本史概説 4 選択
西洋史概説 4 選択
自然地理学概論 4 選択
人文地理学概論 4 選択
地誌 4 選択
法律学概論 4 選択
政治学原論 4 選択
国際政治学 4 選択
社会学概論 4 選択
経済学概論 4 選択
国際経済学 4 選択
哲学概論 4 選択
宗教学概論 4 選択
国際法 4 選択
社会科・公民科教育法1 2
社会科・公民科教育法2 2
社会科教材論 2
※印は教職に必要な科目
トップページへ
トップページへ