広報メディア学科トップページ > 在学生の声

その2

 

S.Yさん
学年:3年次生
出身地:福岡県太宰府市
好きな科目:メディア系の授業
授業以外でがんばっていること:奨学金だけで仕送りがないので、家賃代や生活費を稼ぐため勉強が疎かにならないようアルバイトを頑張っています。
将来の目標:奨学金だけで仕送りがないので、家賃代や生活費を稼ぐため勉強が疎かにならないようアルバイトを頑張っています。
広報メディアで学びたいと思った理由は?
メディアの授業はもちろんですが、広報メディア学科はメディアプロジェクトという活動があって、その中の「こちらラジオ番組制作部」という団体に所属しています。毎週火曜日の8時から30分間FM湘南ナパサさんというFMラジオ局の方々にお力添えをいただき平塚市内に生放送をお届けしています。それは公共の電波を使い企画、構成、インタビュー、編集、ミキサー、パーソナリティと全てを学生でこんな事を出来る大学は無いと思ったからです。
大学の授業学校生活について
大学は学び方が自由な場所です。授業も必修さえ取れば、残りの授業は自分で選んで取ることが出来ます。特に東海大学は学科数が非常に多く選べる授業の幅が広いため様々な事に興味を持って勉強することができます。また、高校時代までと違い自分のやりたい事に当てれる時間が増えます。その暇な時間をいかに有意義に使えるかが大学生のカギになるのではないかと思います。なので、常にアンテナを伸ばして様々な事に興味を持ち大学の4年間を大学でしか出来ない知識と思い出でいっぱいにしたいです。
入学するまでに高校時代やっておいた方がいいこと
大学に入って1年経ちますが高校はいい思い出ばかりです。大学になると全国にみんな散ってしまい集まりにくくなります。授業も学校行事も部活も全力で取り組むことで振り返って輝かしい思い出にすることが大事だと思います。
入学を考えている皆さんへ
目的を持って来る人もそうでない人も、様々な学び方が出来る東海大学は、それぞれの頑張りができる場所です!
トップページへ
トップページへ