広報メディア学科トップページ > NewsTopics

広報メディア学科の河井孝仁先生にインタビュー

こんにちは!広報班スピナッチ!!です!
今回は広報メディア学科の河井孝仁先生に、@どのような授業を行っているのか、Aゼミでいかなる活動を行っているのか、B高校生に向けて一言の三点をインタビューしました。

@河井先生が今季開講している授業は、「行政広報論」・「プレゼンテーション基礎・応用」「ゼミナール」です。「プレゼンテーション基礎・応用」は、15人の小規模な授業で、主に2・3年生が受講しています。パワーポイントの基礎的な使い方、マスターやスマートアートの活用方法、アニメーション設定の仕方を習得し、いかに手軽に"らしい"ものが作れるかを学びます。いろいろなシチュエーションで、発表の経験をすることで、就職後に社会で役立つプレゼンテーションが出来るようになります。
Aゼミナールでは、シティープロモーションをメインに活動しています。4・5月に秦野市のメディアシティープロモーションを通じて、先生の研究分野を理解しました。そして、1年間かけてグループ活動で誰が幸せになるのか、どうしたら成功するかという社会的意義のある研究を行い、発表します。
B高校生に向けて、「メディアを制作することも良いが、メディアを戦略的に活用することで人を幸せにする方法を考えてください。作るだけではなく、どのように活用するかを考えてください。」とおっしゃっていました。

以上、広報班スピナッチ!!でした!
次回もお楽しみ!
担当:広報メディア学科 Y.R

トップページへ
トップページへ