広報メディア学科トップページ > NewsTopics

飯塚先生へ、人となりインタビュー

こんにちは!広報班スピナッチ!!です!
今回は広報メディア学科教員の飯塚先生に@趣味について、Aオススメの本、B座右の銘の3点をインタビューし、人となりに迫ってみました。

@飯塚先生の趣味は、剣道です。剣道は歳を重ねてもできる武道で、技術があれば若い人とも対等に対戦することができます。また、剣道を通じてコミュニケーションをとることができ、大人同士で対戦すると、より味のあるやりとりをすることができるそうです。

A飯塚先生のオススメする本は、小学館出版の『中継されなかったバグダッド』(著者:山本美香)です。今ジャーナリズムで伝えられていることは、リアルな記録ではなく、外側から見たものです。しかし、この本の著者は自ら死ぬかもしれない覚悟を持って危険な場所へ行き、我々が知らないリアルな世界を伝えています。だからこそ、皆さんに読んでもらいたいと仰っていました。

B飯塚先生の座右の銘は「人間万事塞翁が馬」です。この言葉は、周りの人たちが良いことだと思っていても悪いことが起こるかもしれない、逆に周りの人たちが悪いことだと思っていても良いことが起こるかもしれないという意味です。つまり、人間は一喜一憂するべきではなく、平常心を保つことが大切だと仰っていました。

飯塚先生、素敵なお話をありがとうございました!

以上広報班スピナッチ!!でした!
次回もお楽しみに!
担当者:広報班スピナッチH.N

トップページへ
トップページへ