広報メディア学科トップページ > NewsTopics

メディプロ探検隊!〜「ミネスタウェーブ」編

こんにちは。「広報メディア学科スピナッチ!!」です!
学科には現在9つのメディアプロジェクトがあります。
今回は、テレビ番組制作班の「ミネスタウェーブ」を紹介します。
プロジェクトリーダのH.Kさん(2年生)にお話を伺いました。
それではインタビューの内容をどうぞ!!

Q.「活動内容について教えてください」
A.「ミネスタウェーブでは、学生の視点で地域の様々な問題について考え、2か月に1本、15分のドキュメンタリー番組を制作しています。
地元の湘南ケーブルネットワークで奇数月に毎日2回放送をしています」

Q.「活動のいいところを教えてください」
A.「自分なりに企画を立て、取材することができ、伝えたいことを伝えることができます。
取材や編集の過程で、多くの人達とコミュニケーションが取れる点も自分の学びになります。
仕事以外にもミネスタウェーブ班でディズニーランドに行ったり、ハロウィンパーティーをしたり、楽しめるイベントがたくさんあります」

Q.「ミネスタウェーブのやりがいを教えてください」
A.「皆で一つのものを協力して作るため、番組が完成した後で達成感を共有できます。
例えば、毎年放送をしている3.11の震災特番では、どうやったら見ごたえのあるものになるのか、どうやったら映像とナレーションで伝えたいことを伝えられるのかを試行錯誤しています。
だからこそ、自分たちで作り上げた作品が公共の電波で流れ、メッセージを伝えられたことにやりがいを感じました」

Q.「最後に、入学を考えている高校生へ向けてひとことお願いします!」
A.「今が人生で1番楽しい時期だと思います。
やりたいことがあれば全力でチャレンジしてみて下さい!
テレビに興味がある方はぜひ、私達と一緒に作品を作りましょう!!」

協力していただいたH.Kさん、ありがとうございました!

お話を伺うなかで、ミネスタウェーブの和気あいあいとした良い雰囲気が、私達にも伝わってきました。
そんな雰囲気が、番組にも反映されているのではないでしょうか!?
広報メディア学科では、自分のやりたいことを叶えてくれるたくさんのメディアプロジェクトが存在します。
ぜひ参加して、やってみたいことに挑戦してみて下さい!

以上広報班スピナッチ!!でした!
次回もお楽しみに!
担当者:広報班スピナッチ!!H.N

トップページへ
トップページへ