広報メディア学科トップページ > NewsTopics

メディプロ探検隊!〜「こちらラジオ番組制作部」編

こんにちは。「広報メディア学科スピナッチ!!」です!
広報メディア学科には、現在9つのメディアプロジェクトがあります。
メディプロ探検隊では、各プロジェクトのリーダーにインタビューを行い、お話を伺います。
第2回目は、こちらラジオ番組制作部の紹介です。

<インタビューに応じてくれたひと>
J.Sさん こちらラジオ番組制作部リーダー(広報メディア学科3年生)
<聞き手>
スピナッチ班T.S(広報メディア学科2年生)



〜活動内容について〜

Q. スピナッチ 活動内容について教えてください。
A. J.Aさん こちらラジオ番組制作部では、毎週火曜日・夜8時から、神奈川県のJR平塚駅前にある湘南平塚コミュニティー放送 ・FM湘南ナバサ78.3MHzで、学生が主体となって制作する30分間の生放送番組をお送りしています。

〜‘こちラジ’の良いところ、やりがい〜

Q. スピナッチ 活動のいいところとやりがいを教えてください。
A. J.Aさん 実際に公共の電波を借り、プロの使う機材を使って放送を行うので、プロ同様の責任感が求められます。プロとは違った学生ならではの視点で企画を立てられ、放送できるのでやりがいがあります。
Q. スピナッチ 学生目線のメッセージはリスナーにとって新鮮ですよね〜!

〜1つの方向を目指す難しさ〜

Q. スピナッチ こちラジで難しかったこと、苦労したことを教えてください。
A. J.Aさん 放送の企画を考え、意見をぶつけ合い、最終的に1つの方向を目指すことですかね。建学祭の長時間番組時の企画や構成では、意見のぶつかり合いが激化することもあります。全員が本気で取り組み、しっかりとした意見を持っているので、まとめるのはとても難しいです。けれども、様々な意見を交わし、1つの方向性が見えた時、皆んなが協力し合い良いものになります。
Q. スピナッチ スピナッチのメンバーも秋の建学祭の放送を聴いていますが、いつも良い仕上がりだと思います! ぜひ皆さんにも聴いて欲しいですね。
A. J.Aさん ありがとうございます! 苦労して作った放送を聴いてもらえることも、やりがいの1つです。

〜高校に向けて一言〜

Q. スピナッチ 最後に、高校生に向けてメッセージをお願いします。
A. J.Aさん こちラジでは、自分の企画で自由に行きたい場所へ行って取材をし、放送局のプロから学べる機会も多いです。社会人としての責任感を培いながら、学生らしい自由さも謳歌できます! ぜひ、湘南キャンパスに近いところにお住まいの方は、私たちの制作したラジオを聴いてみてください!
Q. スピナッチ 今日はありがとうございました!

以上広報班スピナッチ!!でした!
次回もお楽しみに!
担当者:広報班スピナッチ!!T.S

トップページへ
トップページへ