広報メディア学科トップページ > NewsTopics

産学連携プログラムで、学科の2チームが最優秀賞を初の同時受賞!!

こんにちは。広報メディア学科スピナッチ!!です!

平成30年12月18日、「第15回神奈川産学チャレンジプログラム」の表彰式がパシフィコ横浜にて行われ、広報メディア学科の小泉ゼミナールの2チームが最優秀賞を受賞しました!

-神奈川産学チャレンジプログラムとは-

一般社団法人神奈川経済同友会の会員が所属する企業および団体と神奈川県内に拠点を持つ大学が中心となって行う、産学連携による学生の人材育成を目的とした課題解決型研究プログラムです。

本プログラムでは、参加企業が日常の経営課題の中から実践的な研究テーマを設定し、提出された研究成果に対して課題を設定した企業が審査を行い、優秀なレポートについては企業、大学、学生の関係者による表彰式において、表彰されます。
今回は35企業の課題に対して20大学総勢1150名の学生が参加しました。

-指導教員からのメッセージ-
小泉ゼミでは毎年この産学チャレンジプロジェクトに参加しています。そんな中、今回初めて2チームが最優秀賞を取ることができ、とても嬉しく思います。このプロジェクトは実際の企業から与えられるテーマなので、とてもやりがいのあるテーマです。社会にこれから出て行く学生にとって現実の課題になれる良い機会になると思います。今後、このプロジェクトで学んだことを糧に頑張って欲しい!大学では問題意識さえあれば社会の課題に対してどんなことにも挑戦できると思います。日頃からなぜ、という疑問を大切にして欲しいです!

-最優秀賞チーム-
企業名 SMBC日興証券(株) 横浜支店
テーマ 学生にSMBC日興証券を就職先としてアピールするための施策
受 賞 最優秀賞
メンバー 米倉 穂奈美(3年) 青木 啓一郎(4年) 島田 莉世(4年) 豊田 晴庸(3年) 松本 寿和(3年)
     
企業名 (株)神奈川銀行
テーマ 〜貯蓄から資産形成へ〜 地域の皆さまの金融リテラシー向上と、資産形成に貢献できる神奈川銀行ならではの新しい取り組みを考える
受 賞 最優秀賞
メンバー 白子結菜(3年) 松岡萌(4年) 秋本純(4年) 伊藤瑞恵(3年) 望月翔太(3年)

以上広報班スピナッチ!!でした!
次回もお楽しみに!

トップページへ
トップページへ