広報メディア学科トップページ > NewsTopics

広報メディア学科の授業紹介!(新聞報道論編)

こんにちは。「広報メディア学科スピナッチ!!」です!
授業紹介の第4回目は「新聞報道論」です。
この科目は去年の春、着任された笠原一哉先生が担当する広報メディア学科の学科開講科目、主専攻科目です。
内容は、新聞報道の社会での役割や問題を考え、その報道内容が本当に正しいのか、その報道の仕方は適切なのか、といった批判的な視点で考えていくという授業です。主に広報メディア学科の1年生が受講しています。

受講した学生の声を紹介します。
・受講して、新聞を積極的に読むようになりました。
・普段見ているニュースと違う視点で、深く自分の考えを深められるようになり、自分のためになっていると実感できる科目です。
インタビューに協力して下さったY.Mさん、N.Yさん、ありがとうございました。

以上、広報班Spinach!!でした!
次回もお楽しみに!
担当者:広報班Spinach!! R.Y

トップページへ
トップページへ