広報メディア学科トップページ > NewsTopics

メディアプロジェクト活動紹介  テレビ班 編
〜新しい日常、新しい放送〜

こんにちは。「広報メディア学科スピナッチ!!」です!

今回はコロナ禍において、どのプロジェクトよりも早く活動を再開したテレビ班の活動についてご紹介します!!
現在、テレビ班は2つの番組を制作しています。それぞれの制作チームがどのように活動をしていたのか、メッセージを頂いたのでご紹介します!!

【テレビ班からのメッセージ】
〜ミネスタウェーブ〜
テレビ班は、「ミネスタウェーブ特別番組」を制作し、今年(2020年)7月・8月に放送しました。
この番組では、過去にミネスタウェーブに出演していただいた方々にZOOMでインタビューし、コロナ禍での活動の様子などについてお聞きしました。
制約が多くある中での番組制作活動は苦労した点も多くありましたが、無事完成・放送することができ、私たちの活動に対する自信にもつながりました。

今回の制作で、改めて活動を支えてくれている方々の有難さを感じることができました。
この経験を糧に、これからもより良い番組を作っていけるよう頑張ります。

〜東海Book Cafe〜
コロナの影響により、大学の地下スタジオでの収録が出来なくなってしまい、完全リモートでの番組制作に挑みました。
通常の番組内では、ご出演いただくゲストの先生にゆかりのあるお菓子や飲み物を用意し、これらにまつわるエピソードを語っていただく演出をしていますが、コロナ禍の完全リモートでの収録では、この演出を断念し、より先生のご経験や研究に因んだエピソードを詳しく聞くよう努めるなど、演出・構成の変更と内容面での充実を図りました。

リモートでの番組制作は初めての試みで、大変なことも多々ありましたが、東海BookCafeのさらなる可能性を見出すことが出来ました。
この経験を今後の制作でも生かし、日々の活動に励んでいきたいと思います。

コロナ禍により、以前とは異なる状況に置かれた中で、リモートでの活動に切り替えることで、工夫しながら新しい活動の形を模索しているのは素晴らしいことですね!
今後とも、メディアプロジェクトをよろしくお願い致します!

このような状況はまだ続くかもしれませんが、明るい未来を信じて、新しい日常を頑張りましょう!!

以上、広報班スピナッチ!!でした! 次回もお楽しみに!

担当者:広報班スピナッチY.M

トップページへ
トップページへ