広報メディア学科トップページ > NewsTopics

コロナ禍でできる放送  「テレビ班」編

こんにちは! 「広報メディア学科スピナッチ!!」です。
コロナ禍でも試行錯誤しながら学科のメディアプロジェクトは活動中です。
今回は新体制となったテレビ班にお話を伺いました!!

<インタビューに応じてくれたひと>
テレビ班リーダー: 3年 T.O さん

Q.  最近はどのような活動を行っているのですか?
A .  今年度から、新任の樋口喜昭先生にお世話になりつつ活動をしています。1年生、2年生共に10名以上が所属することになり、現在は「ミネスタウェーブ」と「東海book cafe」の制作を通して3年生から後輩に様々なことを引き継いでいます。また、年々受け継いできた制作フォーマットの改良を目指して、日々試行錯誤しています。3年生である私としては、「後輩の指導」ということに慣れておらず頭を抱える日々です。ですが、熱意のある後輩達が様々なことを質問してきてくれるたびにやり甲斐を感じています。

Q.  コロナ禍で気をつけていることはありますか?
A .  感染対策の徹底、これに尽きると思います。活動時の消毒、換気、マスク着用などはもちろんのこと、これまで屋内のスタジオで収録してきた「東海book cafe」は、換気面をクリアするために通気が良く屋根のある空間を湘南キャンパス内で探し、毎号ロケ地を変えて収録する様になりました。また、「ミネスタウェーブ」においても、事前の取材経路の確認や、少人数での取材など、工夫を続ける毎日です。コロナ禍での制作はこれまでの制作フォーマットを許してくれません。その中でも如何にして視聴者が飽きない番組を作り上げるかを念頭に置いて活動しています。

 

〜取材を終えて〜
コロナ禍の影響で、以前までの当たり前が通用しなくなっていますが、テレビ班は感染対策を徹底しながら活動を継続できるよう努めています。新たなメンバーも加わったとのことで、テレビ班の今後の活躍にも期待しています!!

****************************************
「〜my favorite ○○〜」

このコーナーは、メディアプロジェクトの方々に、お気に入りの○○を教えていただくコーナーです。今回インタビューに登場したT.Oさんのお気に入りの「テレビ番組」は?

A. TBS系列で放送されている「東大王」という番組です。昔からクイズ番組が好きで、この番組も放送開始当初から視聴しています。出題される問題の答えを考えながら見ることで、視聴者というよりも参加者という意識で見られることが何よりの魅力です。自然と「見ていて飽きない」が実現されています。見るたびに知識が増えていくことも楽しく視聴できる理由の一つだと思います。

クイズ番組は、老若男女問わず楽しめる番組なので家族で見てもとても楽しめますよね!
みなさんも、夏休み中にクイズ番組を見て知識を増やしていきませんか?

以上、広報班スピナッチ!!でした!
次回もお楽しみに!

執筆者:広報班スピナッチY.M

トップページへ
トップページへ