広報メディア学科トップページ > 東海大ミネスタウェーブ

プロジェクト紹介

東海大ミネスタウェーブ
ミネスタウェーブは地域や社会の問題に目を向け、学生の視点から15分のドキュメンタリー番組を制作するチームです。

また、この番組は湘南ケーブルネットワークをはじめ全国12局のケーブルテレビ局で放送されています。
プロジェクトのスローガン
社会的メッセージのある番組を制作することをスローガンにしています。また、人との繋がりも大切に活動しています。
社会との繋がり
様々な社会問題に目を向け、真摯に向き合って制作しています。
これまでの成果
ミネスタウェーブは2018年の3月号で100本目を迎え、社会に向けて多くの作品を制作してきました。

〜プロジェクトリーダーにインタビュー!!〜

具体的な活動内容を教えてください!
企画、取材、撮影、編集の全てを学生が行い、15分のドキュメンタリー番組を制作します。
何を目的に活動されてますか?
協調性をもち、みんなで一つの番組を制作することを目的に行なっています。また、自分の将来の夢を叶えるための一つのステップとしてこの活動を行なっています。
プロジェクト活動を通じて得たことはありますか?
たくさんの人を取材することで人との繋がりが増え、コミュニケーション力を得ることができました。また、みんなで一つの番組を制作するので仲間の大切さを実感することができます。
活動の面白さや難しさを教えてください!
取材先の方の想いや姿勢を視聴者にわかりやすく伝えるの簡単なことではないですが、自分たちで撮影し、編集した番組が完成した時の達成感はかけがえのないものです。
プロジェクト外での思い出はありますか?
番組完成後には、みんなで打ち上げを行なっています。また、ディズニーや北海道旅行にも行きました。
高校生に向けて一言お願いします!
みんなで楽しく取材や編集を行うため、カメラや編集に少しでも興味のある方は是非参加してもらいたいです!
トップページへ
トップページへ