広報メディア学科トップページ > こちらラジオ番組制作部

プロジェクト紹介

こちらラジオ番組制作部
こちらラジオ番組制作部は、毎週様々なテーマを取り上げ、それを学生の視点でメッセージを発信しているラジオ番組です。番組のパーソナリティ、ミキサー、レポーター、企画立案、番組構成などの番組作りの全てを学生で行っています。そして、平塚にある湘南平塚コミュニティFM(FM湘南ナパサ78.3MHz)で毎週火曜日、夜8時から30分間の生放送をしています。テーマは、その時世間で話題になっている時事問題から、若者(大学生など)が日ごろ考えている世の中の悩みや疑問まで幅広く扱っています。
活動時間 毎週火曜日 20時00分〜20時30分の30分間生放送 参加人数 約25名
担当教員 谷岡理香
活動のスローガン
若者の視点、取材などを通して生まれた自分の意見を大切に、社会的メッセージとは何か、公共電波に乗せている意味などを日々考えながら番組制作を行っています。
主な成果
1人1人が自分の意見や考えに自信を持ち行動できるようになる
取材先など、様々な立場の人々との交流を通して、コミュニケーション能力の向上、新たな意見を聞いて広い視野を持つことができる
人の前で自分の考えている事を自分の言葉で伝える大切さと技術を得ることができる
プロジェクトの社会性
世間で今ホットな話題や問題、そして若者(大学生)が抱えている問題や意見を掘り下げて放送することにより、その物事への興味関心や、改めて考えられるキッカケ、そして今の若者が何を考えているのかを知ってもらえるだけでも社会的メッセージとなる、と考えています。

プロジェクト進行について

協調性について
番組の構成や伝えたいことをメンバーで幾度となく会議を繰り返して制作していきます。なので、意見がぶつかったり、悩んで煮詰まったりする日もあります。しかし、それは番組をより良いものにしたいから。リスナーの皆さんに私たちなりに考えたメッセージを伝えたいから起こってしまう素敵な時間です。様々な意見を出し合い、取材を通して内容の濃い30分間生放送に向かう中で生まれるメンバーとの一体感はここでしか味わえないと思います。
達成感・面白さ
番組作りは前記にもあるようにパーソナリティーやミキサーなどの様々な役割を担当するメンバーの力が必要です。そして、番組構成なども学生が一から制作します。どんな情報を用いて、どんな番組展開にして、何を言いたいかを考え、そして30分間の生放送を行うことを全て担当することはなかなか経験できません。伝えたいことを言い切り、放送が終わった時の達成感は生のドキドキ感ならではだと思います。

プロジェクトリーダへの質問

活動に興味をもったきっかけは何ですか
私は元々、アナウンサーやナレーションの仕事に興味があったので、それらのスキルアップとして活動に参加しました。
やってみてどうでしたか
マイクの前で話すスキルの向上はもちろん、自分の言いたいことを相手に伝える難しさや楽しさ、取材を通しての沢山の立場の人々とのコミュニケーションの大切さも同時に学ぶことができたので参加してよかったと思っています。
今後引き継いでいく在学生に向けて一言
やりたいことを放送という形にできる素敵な環境と機会を十分に生かし、なりたい自分になるための力にしていってください。
トップページへ
トップページへ