広報メディア学科トップページ > TOKAI SPORTS PRESS

プロジェクト紹介

TOKAI SPORTS PRESS

東海大学の各運動部に所属する選手たちの活躍の様子を掲載する学生スポーツ新聞「東海スポーツ」を年に3回発行しています。試合や選手の取材、写真撮影、記事の作成と校正、紙面レイアウトなど、さまざまな作業に携わることができます。また東海スポーツではTwitterで試合の最新情報を届けるとともに、試合での選手の活躍をブログで発信しています。

ブログはこちら↓
https://h0l2xtuaqdug.blog.fc2.com/

社会との繋がり
わたしたち東海スポーツ編集部は、東海大学の運動部に密着取材をします。そのため、大手のスポーツ新聞にはできない、学生のスポーツ新聞ならではの紙面を制作して読者に提供することを目標に活動しています。
活動のスローガン
スポーツの感動を伝える!
これまでの成果
2002年7月の創刊から約19年。先輩たちが築き上げてきた「東海スポーツ」も2021年3月で50号を迎えました。これからも東海大学のスポーツの魅力を伝えるという伝統を引き継ぎ、より多くの読者に愛される「東海スポーツ」になっていきたいと思います。

※学園の後援会誌「TOKAI」501号の在学生紹介ページで、わたしたちの活動を特集していただきました。是非、ご覧ください。

〜プロジェクトリーダーにインタビュー!!〜

具体的な活動内容を教えてください!
毎週木曜日に定例会を行っています(部員の予定によって日程が変わることもあります)。
定例会では週末に行われた試合結果の共有や、次号に向けた打ち合わせなどをしています。また、週末には各運動部の選手が出場する試合の会場へ足を運び、取材や写真撮影を行っています。
わたしたち編集部も新型コロナの影響を受けましたが、コロナ禍にも負けず懸命に活動する選手の姿やスポーツの魅力を伝えるため、遠隔での定例会や編集作業を積極的に行い、「東海スポーツ」を発行してきました。
何を目的に活動されてますか?
私は高校時代、バレーボール部のマネージャーとして、選手と近い距離でたくさんの時間を過ごしました。その中で、「高校生」という限られた時間の中で活動に情熱を注ぐ選手の姿に感動し、それを多くの人びとに伝えたいという気持ちが芽生えました。東海スポーツで活動する中で、さまざまな競技の大会に足を運び、スポーツの魅力や感動を目にすることができました。今は、東海大学のアスリートから与えてもらった感動を自分たちの手で人びとに伝えることを目的に活動しています。
プロジェクト活動を通じて得たことはありますか?
東海スポーツを通じて、編集部の仲間や同年代のアスリートをはじめとして、たくさんの人に出会うことができました。また、同じ大学に通うアスリートのみなさんからたくさんの知識や刺激をもらい、成長させられています。
活動の面白さや難しさを教えてください!
どんな紙面を作りたいかを編集部のメンバー全員で話し合って、『新聞』という形あるものを作り上げた時には達成感があります。その達成感を味わうまでに原稿執筆や紙面のレイアウトなどの難しい作業もありますが、全員で切磋琢磨し合って制作しています。取材した選手から感想をもらった時は「一生懸命作ってよかった!」と実感します。
プロジェクト外での思い出はありますか?
全員で一つの新聞を作るにあたってチームワークは必須です。学年を越えたつながりを深めるために以前は食事会なども行なっていました(今はコロナ禍の影響で自粛しています…泣)。
高校生へ向けて一言お願いします!
私たちと一緒に東海大学のスポーツの魅力を伝えてみませんか? ともに活動してくれる方をお待ちしています。
ご興味をお持ちの方はこちらにお問い合わせください。 「もう少し詳細が知りたい」など、話を聞いてみるだけでも大丈夫です。お気軽にどうぞ:)
tokaisports@yahoo.co.jp
トップページへ
トップページへ