広報メディア学科トップページ > 批評同人誌

プロジェクト紹介

DO ZINE
自分の好きなこと・興味のあることについて、ページの企画をし、アポ取りから取材まで行い、写真など記事の素材となるものも全て自分で準備し、記事を書き、同人誌という1つの形にします。
記事を書くだけでなく、例えば写真が好きな人は写真を主としたページ構成にしたりと、自由に、自分のやりたいことができるプロジェクトです。
記事はもちろん、個々のページのデザインや同人誌の表紙、装丁なども先生の指導のもと、すべて学生で考え、つくりあげます。
プロジェクト名『DO ZINE』は、「ZINE(同人誌)」を「DOする、作る」という意味です。
プロジェクトのスローガン
「自分の好きなことにこだわりを持つこと」「自由」
社会との繋がり
年2回都内で開催される文学フリマに出展しています。自分の書いた記事をより多くの人に読んでいただける貴重な機会です。そのため、読んでいて楽しい、面白いと思っていただける同人誌を作ろうとより一層気合いが入ります。
また、自分の好きなこと・興味のあることを知っていただくだけではなく、自分の全く知らないことを知る機会でもあります。この活動を通し、関心や興味がさらに広がるのではないかと思います。
これまでの成果
2010年の秋頃から本格的に動きはじめたプロジェクトです。『DO ZINE』という同人誌を年に2回を発行しています。発行した同人誌は文学フリマや建学祭で配布しています。

〜プロジェクトリーダーにインタビュー!!〜

具体的な活動内容を教えてください!
主な活動は年2回発行している同人誌の作成になります。『DO ZINE』は個人で作業することが多いプロジェクトではないかと思われます。会議でどのような記事を書くと決めたあとは、それぞれで取材、編集を進めます。そうして完成した記事を一冊にまとめて発行しています。
『DO ZINE』の発行は年に2回ですが、それ以外に個人zineというものも発行しています。個人zineはさらに自由度が高く、内容はもちろん冊子の形も自分で決めることができます。もちろん、この個人zineも文学フリマなどで配布することができます。
何を目的に活動されてますか?
私は本や出版に興味があったので、この活動に参加しました。最初は自分の好きなことが書けるのか楽しいな程度に思っていましたが、いざ記事を作ってみると自分の好きなことについて書くからにはとことんまで拘りたいという気持ちが強くなりました。今は読んでいて、見ていて面白いと思っていただけるような、そして自分が納得できるような記事を作るため活動しています。
プロジェクト活動を通じて得たことはありますか?
まず、PCスキルが上がったのではないかと思います。記事を書く際にWordなどの文章作成ソフトはもちろん、InDesignといったデザイン向けのソフトも使います。このソフトは『DO ZINE』に参加しなければ、使うことがなかったではないかと思います。あと、文学フリマや建学祭を通して、自分の記事を読んでいただけることの嬉しさを知ることができました。
活動の面白さや難しさを教えてください!
文章や写真の配置の仕方やフォントや色の使い方を考えるのが面白いです。実際の雑誌のようなページが出来上がると達成感があります。InDesighの操作をおぼえるまでが少し難しかったです。あと、締め切りと試験やレポートが重なると大変でした。
プロジェクト外での思い出はありますか?
文学フリマの後に都内散策、最近では都庁や羽田空港に行きました。
高校生に向けて一言お願いします!
自分の好きなこと・興味のあることをきっかけに始めることができるプロジェクトです。自分を表現してみたいと思ったらぜひ挑戦してみてください!
トップページへ
トップページへ